衣装について

衣装

SummerPenguinSは個性を最重要視しています。
「そろってるようで揃ってない。そろってないようで揃ってる。」
団体から7月中にTシャツ(*1)を配布します。このTシャツを各自で改造(*2)して下さい。改造のルールは・・・

  • ロゴがどんな形であれ残っている。
  • 衣装のベースカラーは黒。
  • 放送コードに引っかからない。(過激すぎる衣装)

以上を満たしてれば、どんな衣装になってもかまいません。あなたらしさを表現して下さい。
(例:切る、穴をあける、ペイントする、チェーンや安全ピンでつなげる・・・などなど)

団体から配布するTシャツは1着となりますが、「演舞2日あるから2枚欲しい」「失敗したらどうしよー」という人には追加で購入可能です。参加申込時、注文してください。(2枚以上は追加料金が必要です)

そして各自で白いズボン(*3)を用意していただきます。「上=黒:下=白」という統一カラーを目指します。これも個性を重視する結果、一人一人別々のズボンを用意していただくようにお願いしています。踊り終わった後の衣装は、塩をふいたりベタベタだったりで大変です。踊り衣装のみならず、洗濯物はスタッフがまとめてコインランドリーで洗濯します。洗濯機で洗濯ができない様な衣装は手分けして手洗いします。

暑くなりすぎない用に改造してください。風通しの悪い服は熱中症の原因になります。

靴については自由ですが、激しく踊ったり、長時間歩いたりしますから、運動しやすい靴を用意してください。
頭髪は自由です。顔へのペイントは合宿中にお願いします。(以前警察に止められた経緯あり)

*1 色は黒、背面にロゴが入ります。
*2 改造は合宿期間中でも可。
*3 下着以外は全て可。